#65 吉岡太勝堂、

date: 2011/11/02

#65 吉岡太勝堂、
土橋市場にほど近い、町の和菓子屋さん

0943-22-3859
9:00-19:00
期間中の休みは6日
*通常のお休みは毎週日曜、第1・3月曜(月曜のお休みは変更する場合もあります)
八女市役所から徒歩で5分ほどです。
車なら国道442号線から「日ノ出町西」交差点を西側に入って1つ目の十字路の角になります。
店内の2面が大きなガラス窓なのでとても明るいです。
素朴で温かみのある木の棚には出来立てのお万十などが並んでいました。
taishoudou07.jpg
この棚の向こう側がお菓子を作る部屋になっています。
今日は作業台のトレーに真っ白なお団子がたくさん並んでいました。
「その日に作ったお菓子をその日に食べてもらう、そんなお菓子がほとんどです。」
そう語る3代目店主の温かさとこだわりが詰まったお菓子はどれも美味しそう!
「今秋のお勧めはこちらの3点ですよ。」
と案内されたのはケースの中にあるお菓子たち。
クロッシュー、しっとりいもとん、くりきんとん。
taishoudo08.jpg
くりきんとんは秋の定番和菓子で、今頃から12月末頃まで出ています。
栗の香りと甘みがギュッと詰められていて、季節感たっぷりの味です。
クロッシュー&しっとりいもとんは2週間前から販売し始めた新商品です。
しっとりいもとんはスウィートポテトのような味わいにカスタードクリームの層を加えたもので、
まろやかなお味です。
クロッシュー。見た目はパンのようですが、この中身は・・・
taishoudou03.jpg
クロワッサンの生地にコーヒー餅を入れて焼き上げ、
焼き上がってきたところにカスタードクリームを入れています。
他のお菓子も一緒にお皿に盛って・・・
taishoudou01.jpg
パラダイスのようなお菓子盛りです。
写真の上段:黒糖プリン、白玉ぜんざい、もちーずどら、生餅どら、
   下段:いもとん、くりきんとん、カフェオレ大福、抹茶大福
黒糖プリンは1日50個の限定商品です。
黒糖のうま味たっぷりなのに甘さ控えめという大人味が人気の秘密かもしれません。
カフェオレ大福&抹茶大福はひと口で何口も美味しい、クセになる味です。
こちらは昔ながらのサンキラ万十。
初代から引き継がれた味のひとつです。
taishoudou06.jpg
サンキラ万十は、万十をサンキラの葉で挟んで蒸したものです。
ほかにもいくつか呼び名があって、
夜渡祭(よどまつり)の時に作られたことから「よど万十」とか「よいち万十」ともいわれます。
ほのかな葉っぱの香りは柏餅になる柏の葉っぱに似ています。
葉っぱの形やつるっとした感じは柏とは別物なので、何だか不思議です。
白壁巡回バス(無料)を利用される場合は、F土橋のバス停で降りて徒歩数分程度です。
11月3日と5日はバスを活用されるのもいいかもしれません。
(白壁巡回バスの運行日は11月3日、5日、6日の10時から16時までです。)
いとしず

Share on Facebook



コメントを残す