八女福島商人

date: 2011/11/13

八女福島八幡宮
2011年11月3日~6日の八女福島白壁ギャラリー「縁起もん」にはたくさんの方にお越し頂きまことにありがとうございました。
5,6日は生憎の雨でしたが、お足元の悪い中八女福島に足を運んで頂いたお客様の色とりどりの傘は、まるで町がいくつもの花に彩られているようでした。
まことにありがとうございます。(その時の画像があればよかったのですが…(-_-;)すいません。)
さて話は変わりまして冒頭の
「八女福島商人」
というタイトルについてですが、
今後、地域として考える「コミュニティデザイン※」の具現化できる一つのカタチだと思っております。
いろいろと話を端折りましてご説明しましすと、
江戸期以降 日本の商家町の成立プロセスとしては、神社仏閣は切っても切れないご縁といえます。
神や仏の清浄な精神を取り入れ、商人たちはその地で商売をし、地域を豊かにすることにより、商いの精神を全うしてきました。
結局、健全な精神がなければ、商売は長くは続かないのです。
今年のテーマ「縁起もん」が何故数多く八女福島という商家町に残るのかがその答えです。
そのような精神を此の地で現在も引き継ぎたいと思っております。
次回もご期待ください。
許斐健一
※コミュニティデザイン=デザイナーの山崎亮さんが提唱する 「人のつながり」をデザインすることで、離島から大都市に至るまでまちとそこに住む人たちを元気にすること。鹿児島では大手百貨店が撤退した後の商業施設の各階に地元のコミュニティ活動団体の拠点を導入し、大いに賑わう「買い物集会所」として生まれ変わらせました。
まちづくり情報サイト 街元気 より抜粋

Share on Facebook



“八女福島商人” への2件のフィードバック

  1. ESATAKE より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。八女に住んでる26歳です。八女が嫌いで一時、離れてましたが、八女が今では大好きです!!八女を探索する事、歴史を、文化を知ることが今では楽しい!行きたくて、行きたくて、楽しみにしてた白壁ギャラリー…生憎の仕事になり行けませんでした。だけど、このBLOGを見てワクワクしてた自分がいます。八女に住んでるので時間あれば、もっともっと探索したいと思います。BLOG更新ありがとうございました。また楽しみにしてます!

  2. 白壁ギャラリー企画室 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントを頂きありがとうございます。私たちが知る八女の良いところ紹介していきたいと思いますので、来年も引き続き白壁ギャラリーご期待ください。また、八女のいいところを見つけられたらぜひぜひ私たち企画室にも教えてくださいね。今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す