#50 工房見学

date: 2011/10/24

宮原仏壇店
工房見学

八女福島仏壇仕上げ工程の作業をしています。
お問い合わせ 0943-22-5501
日程 11月3日、4日 8:00-17:00
随時見学を受け付けています。
仏壇は多くの工程を経て出来上がります。
各工程では専門の職人さんが作業をされています。
こちらの工房では仏壇の仕上げ工程の作業をしています。
「木地」と呼ばれる仏壇を構成する木製のパーツに
漆塗りや箔押しを施し組み立てて完成させるところまでを行っています。
「絵咲木」のお隣にある宮原仏壇店の工房。
取材に伺った日は漆を塗る前段階の工程、下地塗りをされていました。
miyahara01.jpg
下地塗りとは、漆塗りの下準備となる工程です。
「木地」と呼ばれる木肌の状態のパーツに下地を塗り重ねていきます。
下地として塗られているのは木粉と胡粉と膠を練ったもので、全て自然素材です。
何度も塗り重ねることで木目が消えて形にふくらみがでてきます。
下地の仕上げでは砥石で研いでから、煤と膠でできた液で全体を黒く塗っていきます。
職人さんの丁寧で鮮やかな仕事ぶりにうっとりしながら、工房を見て回ると・・・
漆塗りを待つ板、漆塗りが仕上がったパーツ、
宮殿の装飾木彫に金箔が貼られたもの、完成した仏壇・・・
miyahara03.jpgmiyahara02.jpg
miyahara04.jpgmiyahara05.jpg
ひとつひとつが美しく、見入ってしまいます。
色々な工程があるのでその時々で職人さんがされている作業も異なります。
白壁ギャラリーの期間中はどんな作業をされているでしょう?
工房見学をされたい方は気軽にお声掛けください。

Share on Facebook



コメントを残す