#14 お茶と沈香のぜいたく時間

date: 2011/10/04

10月 100
会場のギャラリーFUSAYAは、天保9年に建てられた八女福島で最も古い居蔵造りの町家で、八女市の文化財に指定されています。
今回はそんな八女福島商人の最も色濃い文化に包まれた場所で、
「お茶と沈香のぜいたく時間」と題して、
これまた日本文化の代表といえる茶道と香道の供宴で気楽に楽しんで頂く香茶会が行われます。
なかなか体験することのない香の世界。
この機会に参加されてはいかがでしょう。
日時 11月5日(土) 
午前の部 10:30~12:30
午後の部 13:30~15:30
会場 ギャラリーFUSAYA
問合せ 090-9062-7421(池田)

お抹茶は、お茶の先生にお手前をして頂き、
美味しいお抹茶とお菓子を頂戴しながら、
お抹茶やお菓子のの頂き方等 簡単な作法を学べます。
お香は、「沈香」の焚きくらべ。
静かに繊細な香木の香りを鑑賞します。
香炉から立ち上る幽玄な香りを楽しむ…。
そんな贅沢な時間はいかがですか。
ちなみに、この町家を所有しているのは有限会社今里さん。
房屋という名のとおり、提灯などにつける房を作っている会社です。
“房”といっても最近では馴染みがありませんが、さまざまな房があって興味深いものです。
詳しくは今里さんのホームページ
高橋

Share on Facebook



コメントを残す