#59 昔ながらの飴作り見学

date: 2010/10/26

土橋市場の西向かいにある「丸森製菓」。
冬を感じる寒い風が吹くなか、「こんにちは~」ガラガラっとお店に入ると、
「いらっしゃい!」お母さんの明るい声に迎えられ、一気にほっかほかになりました。
商品ウィンドウの上に鎮座する昔ながらの缶!
ふたを開けるとこんがりきつね色に煎られた米ぬかのいい香りが漂って、
米ぬかの中から出てきたのは「あめがた」でした。
marumori2.jpg
「あめがた」は麦芽糖でできた飴で、真ん中に黒糖が入っています。
まだ柔らかいので歯でかみ切れて、口に入るとキャラメルのようにやわらかく溶けていきます。
ああ、この懐かしさをずっと味わっていたい・・・と食べ始めると止まりません(笑)。
袋詰めの飴もいろいろあります。
お抹茶をふんだんに使った八女茶飴、米ぬかの中でねかせた棒飴 などなど
marumori3.jpg
飴はお店の奥の工場で作られています。
どうやって作っているかというと・・・
ちょっとだけよ→ http://yame1030.blog68.fc2.com/blog-entry-120.html
白壁ギャラリー期間中には、このような工場での製造作業が見学できます。
お店の目印は丸森マークと「丸森製菓」の看板です。
marumori0.jpg
暮らしの温かさを感じる工場、職人の技、一見の価値あり、です。
ぜひ見学にいらしてくださいね。
昔ながらの飴作り見学
内容:昔ながらの手づくり飴製造作業見学。
ところ:丸森製菓
と き:11/4-11/6 9:00-11:30 (店舗営業時間は9:00-19:00)
お問い合せ:0943-22-2620

いとしず

Share on Facebook



コメントを残す