#28.暮らしの骨董・古民芸 花ごよみ

date: 2010/10/10

時代箪笥や時代建具を中心に骨董・古民芸を扱う花ごよみ。
お店にうかがったら、
ちょうど庄内箪笥が東北からやって来たところでした。
mine1.jpg
店主の峰松さんが骨董を扱うようになったきっかけは古伊万里の蕎麦猪口で、
30代の時に300以上収集されたそうです。
店内は1階に食器などのおばあちゃんのお家にあるような懐かしい品々が、
2階には建具やすりガラスといったものがずらりと並んでいました。
峰松さんはこれらの材を使った内装リフォームで安らぎの空間づくりをすることに力を入れられています。
建具はひとつひとつが凝ったつくりのもので見入ります。
mine3.jpg
すりガラス。模様の入り方が美しい。。。
mine2.jpg
西洋鍵。それぞれ表情があって、錆びた感じもいいです。
mine4.jpg
白壁ギャラリーの期間中は、
これらの西洋鍵とすりガラスを使ったルームアクセサリを展示販売される予定です。
(一部くろくも舎でも展示販売の予定です。)
と き:11月3日~7日 10:30~17:00(不定休)
    店内に人がいない場合は奥の工房で作業しております。
    シャッターのある入り口を入って、奥に一声お掛けください。
ところ:花ごよみ
問合せ:090-4355-1766(峰松さん)
いとしず

Share on Facebook



コメントを残す